めっきQ&A


★各種めっき加工処理皮膜の耐熱温度について。

下記めっきについての一般的な耐熱温度が分かりますか。

・亜鉛メッキ加工
・溶融アルミめっき(今は、めっき鋼管を使用)
・その他の一般的なめっきの耐熱情報もあれば。
・めっきではないがステンレス鋼の腐食に対する耐熱温度

> ・亜鉛メッキ

150℃以下です。

> ・溶融アルミめっき(今は、めっき鋼管を使用)

弊社にて処理を実施しておりませんので
判断することが出来ません。

アルミニウムを溶解する温度になると思います。

>  ・その他の一般的なめっきの耐熱情報もあれば、ご提供下さい。

ニッケルめっき処理...300℃(これ以上ですと変色します)
クロムメッキ...300℃(これ以上ですとめっき剥離の可能性あり)
無電解ニッケルめっき処理...400℃(これ以上ですと変色します)
アルマイト処理...300℃付近
硬質クロムめっき処理...600℃(これ以上ですと硬度が低下する可能性あり)

上記以外のめっき情報が必要であれば、めっきを限定して
お知らせくださいませ。

> ・めっきではないがステンレス鋼の腐食に対する耐熱温度

上記は弊社にて判断することが出来ません。
材料メーカー様にご確認頂くことになります。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP