めっきQ&A


リューブライト処理を引っ張りバネに使用した場合の注意点について。

リューブライト加工処理について、教えて
いただきたいのですが。

引っ張りバネなどに、この処理をしたときの、注意点
などを、ご指導いただけませんでしょうか。
たとえば、水素脆性が発生するなど。

一般的なことで結構でございますのでお教えくださいませ。

以上、宜しくお願い申し上げます。


大きな「負荷」引っ張りバネに掛かりますと、皮膜が

「欠ける」

可能性はございます。

水素脆性でございますが、リューブライト処理も処理前
に「酸洗い処理」はしますので、試験結果(負荷による)
によっては、ベーキング処理が必要になる可能性は
ございます。

また、リューブライト皮膜は通電しない絶縁皮膜でござ
います。

★リューブライト加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP