めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき処理のご相談に関するお問合せ

高温環境下での黒色皮膜について。

300℃の熱処理炉の中で使用するSUS304・SUS316Lを
黒くして使用したいのですが、どのような処理が可能で
しょうか教えて下さい。

300℃の環境に常温のワークを投入するので100~300℃の
温度サイクルが頻繁に発生します。又、クリーン度は
Class10であり、剥離は許されません。

以前、相手はアルミだったのですがレイデント処理をした時
に剥離してクレームになったことがありますので剥離がない
ことが絶対条件です。

良い方法を教えて下さい。

SUS系を黒色にするのであれば・・・

 1.SUSの黒染処理。
 2.黒色無電解ニッケルメッキ加工処理。

が考えられます。

上記が妥当かどうかは、試験が必要になります。

以前、アルミへの「レイデント処理」にて剥離が
問題になったということですが、もし、材質がアルミ
ニウムの場合ですと、弊社では、以下の処理をお奨め
いたします。

 ▼タフカラー30(黒色)
  

温度的には、剥離しない温度になります。

▼タフカラー30のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP