めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

AC4CーT6に無電解ニッケルめっき加工処理とベーキング処理を実施すると巣穴が大きくなる。

アルミ鋳物(AC4C-T6)に無電解ニッケルめっき+ベーキング処理(250℃ 1h)
を実施したところ、鋳物巣(気泡巣、内・外ひけ巣)範囲が広がり、巣穴も
大きくなりました。

その原因を教えて下さい。

また、対策としてはどの様な方法がありますか教えて
下さい。
無電解ニッケルめっきの成分は(Ni:90%,P:8%,その他2%)
です。

過去に実績をお持ちであるならば、試作で確認しようと
思います。

ご連絡をお願いします。

以上、宜しくお願い申し上げます。

弊社での事例ですと、以下のような場合がございます。

 1.無電解ニッケルめっき液の前処理の液が巣穴に
   残留していて、ベーキング時に、その巣穴から
   染み出し、巣穴周辺を溶解した。
   (上記は、巣穴にめっきがのっていない場合が
    多いです。)


 2.無電解ニッケル処理液、前処理の液が巣穴に残留
   していて、ベーキングの影響で巣穴からその液が
   染み出し、アルミ鋳物素材を溶解した。

 
 3.材料がアルミ鋳物なので、ベーキング処理で、
   無電解ニッケル表面硬度が上がり、皮膜が脱落
   した。

 
 4.無電解ニッケルめっき処理工程内で、すでに
   巣穴が大きくなってしまった。

対策とすれば製品を拝見してからしか詳細のお返事は
難しいのですが、

 1.巣穴を少なくする。
 2.各工程の水洗の強化と徹底。
 3.各工程の中和校庭の徹底。

目視で判断できるほど、巣穴が大きくなってしまった
場合には、上記の問題点ではなく、めっき作業を一度
失敗し、再処理された可能性もございます。

どの時点で、「巣穴」が大きくなってしまったのか?
本当に「ベーキング処理」が影響しているのか?
「ベーキング処理温度」少し低くしたらどうなるか?

などの試作検討が必要かと思います。


★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP