めっきQ&A


SUS630に無電解ニッケルめっきを処理した場合の密着性の調査について

SUS630に無電解ニッケルめっきを20μm厚処理したい製品で、
めっき剥離の有無があり密着性を調査したいのですが
そういう方法はあるのでしょうか?

まためっき密着性の優劣の要因は如何でしょうか?
材質的にSUS630では問題あるのでしょうか?


素材であるSUS材のめっき前の前処理(脱脂、洗浄など)が
適正に処理出来ていない場合は密着不良の原因となります。

また、SUS材はダイレクトにめっきができませんので
ニッケルストライクめっきなどの前処理を必要とします。
その工程中に問題があることも考えられます。

上記の部分で、どのような工程を踏んだのかという点に
関しては実際に処理された業者様の見解を伺うのが一番
だと思われます。

めっきを行なった製品に関する密着性の試験に関しては
簡易的なものとしてテープ試験があります。

製品にテープをはりつけ瞬間的に一気にテープを引き剥がす
ことによって剥離の有無を確認するものですが、より厳密に
数値のデータを得たい場合には、

JIS H8504 めっきの密着性試験方法

に準じて評価を行います。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP