めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

ニッケルめっき処理に関するお問合せ

電解ニッケルめっき加工処理後のクロメート処理にて半田付け性が劣る。

電解ニッケルめっき加工処理後にクロム酸処理をすると
「はんだ付け性」が悪くなりました。

クロム酸処理により表面の組織または成分はどのように
なりますか?

クロム酸の有無によりはんだ付け性に影響がありますか?
それはなぜですか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

表面の組織はうすいクロメート皮膜で覆われます。
成分はその時使用したクロムの成分です。

クロム酸を使用しますと耐食性は向上しますがこれは
不動態皮膜が生成されるためです。
この皮膜があるとはんだ付け性は劣ります。

また、ニッケルの表面もそのまま放置しますと
はんだ付け性は劣ってきます。

以上、宜しくお願い申し上げます。

★ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP