めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

無電解ニッケルメッキ加工処理の硬度について。

無電解ニッケルめっき加工処理の硬度は膜厚25μm程度
でHV500程度と書いてありましたがもし膜厚が5~8μm
程度だと硬度はどれくらいになるでしょうか?

もっと硬度は下がるのでしょうか?

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。


析出時の皮膜の硬度は同じでございます。
ただ、膜厚が薄い場合には測定時に素材の硬度の影響
も受けるためにそれより低い数字になる可能性はござ
います。
(めっき後の熱処理により硬度を上げることは可能です)

また、硬度を測定する時には、それに見合った荷重にて
測定をいたします。薄い皮膜であれば「25g」の荷重に
なります。

皮膜の膜厚によってこの荷重を変化させます。

▼無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP