めっきQ&A


HRC58の硬度が硬質クロムめっき後に低下した原因は?

HRC58の製品(材質SKD11)を硬質クロムめっき処理後に
硬度測定をしたところ硬度がHRC54に下がってしまいました。

硬質クロムめっきの表面処理ではこのような現象が
みられるのでしょうか?


通常はございません。

硬度測定方法(過重)と測定器は同じでしたでしょうか?
また、硬質クロムめっきの膜厚を教えてくださいませ。

膜厚が薄い場合いは、硬度計測定箇所と測定者の
技量によって異なります。

硬質クロムめっきの硬度は、Hv750〜1000程度と
幅が広いので皮膜硬度を間違いなく測定されたのであれば
めっき皮膜としては妥当だと考えられる結果だと
考えます。

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP