めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき加工処理に関するお問合せ

硬質クロムめっき加工処理後に硬度が下がった。

HRC58の製品(材質SKD11)を硬質クロムめっき加工処理
の表面処理を行い、処理後に硬度測定をしたところ硬度が
HRC54に下がってしまいました。

硬質クロムめっき加工処理の表面処理ではこのような現象が
みられるのでしょうか?

もし、お解りでしたらお教えくださいませ。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

可能性としてお返事をさせて頂きます。
よって、「測定方法は同じだった」という限定になり
ます。

 1.硬質クロムめっき処理をすることにより、素材
   内部に「水素が吸蔵」され、硬度が若干下がっ
   た。

 2.硬質クロムめっきの前処理の「塩酸」処理など
   で「水素が吸蔵」され、硬度が若干下がった。

あくまでも可能性でのお返事となります。

弊社の事例では、発生していない事例でございます。

もし、上記の問題で発生しているのであれば、
硬質クロムめっき処理後に「ベーキング処理」にて
硬度を維持することが出来ます。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP