めっきQ&A


★P-in処理とB-in処理は硬度、 寸法精度共優れてますが複雑な形状にも適しますか?

P-in処理とB-in処理は硬度、寸法精度共優れてますが
複雑な形状にも適しますか?

テフロンクロムコートは複雑な形状にも適しますか?


1.精度が精密です。
2.耐磨耗性が必要です。


また、これらの材質はSUS303でもめっき処理可能ですか?
YH750にもこれらはめっき処理できますか?

図面を拝見させてください。

P-in処理、B-in処理とも、皮膜特性として寸法精度に
優れてますが、形状によっては「エア溜まり」の影響
によって「無めっき部」が発生する可能性がございます。

テフロンクロムコートは、「電気めっき処理」がございますので、
「精度良くめっきする」ことは出来ません。

P-in処理、B-in処理は、SUS303、YH750にも処理は
出来る材質でございます。

テフロンクロムコートは、YH750には処理することが
できません。

★P-in処理のページはこちらから。
★B-in処理のページはこちらから。
★テフロンクロムコートはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP