めっきQ&A


★アルマイト処理による板材の変形の可能性について。

アルミニウムの板材にアルマイト処理を施した場合、
アルマイト処理または封孔処理により、板材の平面度
を損なうような応力を発生させる現象はありますか?


> アルミの板材にアルマイト処理を施した場合アルマイト
> または封孔処理により、板材の平面度を損なうような
> 応力を発生させる現象はありますか?

★アルマイト処理が硬質アルマイトの場合、処理液の温度が
0℃近い状態で処理いたします。
その後、封孔処理しますが、この処理の温度が90℃以上で
ございます。その温度差によって平面度を損なう可能性は
ございます。

また、アルマイト処理をする場合、攪拌をかなり強く
実施いたしますので、治具の装着状態や製品の状態に
よっては、この攪拌の影響で歪が発生する可能性はござ
います。

★アルマイト加工処理のページはこちらから。
★硬質アルマイト加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP