めっきQ&A


▼ニッケルめっき処理にて残留する可能性について。

ニッケルめっき処理に、ホウ酸がpH緩衝材
として使用されていますが

①ホウ酸またはホウ素またはホウ素化合物が、メッキ皮膜
に残留することはあるのでしょうか?

②残留するとしたら濃度は何%程度となるのでしょうか?

REACH規則の第3回公表の高懸念物質にホウ酸、
4ホウ酸2ナトリウム(無水物)、4ホウ酸2ナトリ
ウム7酸化物(水和物)が追加された為に、ニッケル
メッキ皮膜中への残留について調査しております。


ニッケルめっき皮膜に残留することはございません。
素材が鋳物などで、巣があり、水洗不良などで残留する
ケースはあるかもしれませんが、基本的に皮膜は問題ご
ざいません。

もし、ご不安でございましたら、お近くの研究施設
(大学や公の期間)にて溶質試験をされることをお奨
めいたします。

以上、宜しくお願い申し上げます。


★ニッケルめっき処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP