めっきQ&A


アルミニウム同士のかじり現象を解消したい場合には?

同じ質量(長さも同じ)の円柱片持梁に同一荷重をかけた場合
密度が小さいほど直径が大きくなるため断面係数が大きくなり
発生する最大応力、最大たわみは小さくなります。

アルミのたわみを1とすると鉄が1.6、銅が3.5です。

よってアルミは相手がアルミであれば余計にたわまないと
考えられますのでかじりやすくなります。

改善策としては相手にやわらかいものや滑りやすいめっきを
しますと解消すると思います。

候補のめっきを以下にてお知らせいたします。

1.テフロン無電解ニッケルめっき
2.テフロン硬質アルマイト

テフロン無電解ニッケルめっきのページはこちらから
テフロン硬質アルマイトのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP