めっきQ&A


アルマイト処理皮膜をアルカリ液にて溶解させた場合について。

アルマイト処理されてあるアルミ製品をアルカリ液に浸漬
した場合、溶解したアルマイトが他の部品に付着しますか。

同一液中にステンレス製の部品を投入したところ、
茶色っぽく変色したのですが、溶け出したアルマイト
が付着したとは考えられませんか。

実はアルミ製の指輪にステンレスがついておりまして
このステンレスだけを綺麗に取り出したかったのですが。

以上、宜しくお願い申し上げます。

付着するかどうかは、弊社にて判断することが出来ません。
成分分析を実施してみると判断出来ると思います。

ステンレスについては、材質番号にもよりますが、
アルカリ性の溶液(温度は上げておられ場合)に浸漬
することで、変色したように思えます。

これも成分分析すれば明確になります。

ただし、指輪ということでございますので、変色した
ステンレスを磨いた方が綺麗に仕上がると思います。

★アルマイト処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP