めっきQ&A


無電解ニッケルめっき処理の元素との関連性について

焼結金属(Fe)に無電解ニッケルめっきを施したと思われる部品があります。

この表面を「ミクロ」に観察してみると、焼結金属特有の細孔
(数10~数100μm)があり、この細孔部分から元素としてC、O、Caなどが
検出されます。

なお、これらの細孔以外の平滑な部分からは、Ni、P
と若干のC、Oが検出されています。

NiとPが検出されるのであれば無電解ニッケルめっきが
処理されております。

通常、成分分析時にC、Oは検出されます。

Caが細孔部分にて検出されるのは 水洗の残留物かと
思われます。

水の不純物が乾燥時に残留物として表面に残る場合が
ございます。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP