めっきQ&A


銅素材に対するニッケルストライクは必ず必要か?

一般的に、銅素材に対する無電解ニッケルめっきですが
前処理としてニッケルストライクめっきは必ず必要でしょうか?

銅素材の場合、90%以上は、下地にニッケルストライクめっき
をしていると思います。

ダイレクトにめっきがつかないわけではございませんが、
安定した密着性を得るため、ほとんど必ずといっていい程
使用されると思います。

これは弊社においても同じでございます。

・銅合金
・SUS系材料

これらを無電解や電解ニッケルめっきする前には、
ニッケルストライクめっき処理を施す事を「標準化」
されているところが殆どだと思います。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP