めっきQ&A


★昔のめっき処理について。

基本的でまた過去に逆上る質問になり済みません。

①カドミめっき自体が世の中から排除されたのは何年頃
でしょう?

②ネジ類の表面処理には耐食性が良いカドミメッキを行
っていましたが、ネジ類に現在一番良く行われる処理は
やはり亜鉛メッキでしょうか?

③クロメ-ト処理のクロメ-トの本来の意味は?また正し
くはどのような効果がある処理方法なのでしょうか?

> ①カドミめっき自体が世の中から排除されたのは何年
> 頃でしょう?

まだ処理している業者様はおれます。
昭和45年ぐらいに環境基準の設定にともない緊急調査は
実施されたようです。

その後、カドミウムから亜鉛やスズめっきに切り替える
業者様が増えたようです。

> ②ネジ類の表面処理には耐食性が良いカドミメッキを
> 行っていましたが、ネジ類に現在一番良く行われる処理
> はやはり亜鉛メッキでしょうか?

はい。亜鉛めっき、または、スズめっきです。

> ③クロメ-ト処理のクロメ-トの本来の意味は?また正
> しくはどのような効果がある処理方法なのでしょうか?

クロム酸又は重クロム酸塩を主成分とする溶液中に品物
を浸せきし、化学的に防せい皮膜を生成させる方法です。

1935年にアメリカでChromate Conversion Coatingとして開発
されました。

最初の目的は、亜鉛めっきの耐食性を向上させてカドミウム
めっきの代用として使用することであったようです。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP