めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

鋳物への無電解ニッケルメッキの耐食性確保の膜厚について。

鋳肌面に無電解ニッケルめっき加工処理を膜厚2~3μm
を指定した場合、耐食性は確保されますか。

耐食性を確保出来ない場合、何か特別な処理や
他のめっき加工処理を考えた方が宜しいでしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

弊社の今までのお客様事例でございますと
耐食性は確保出来ていないです。
この耐食性確保の時間がどの程度かということにも
よりますが。

一番の問題は鋳物内部からのめっき液染み出しによる
変色でございまして変色後、腐食するケースがござい
ます。

対策とすれば

 1.めっき厚を厚くする(10μm程度〜)
 2.めっき後に変色防止→熱処理 
 3.無電解ニッケルめっき加工処理を高耐食性
   のものに変更する。
 4.無電解ニッケルめっき加工処理の下地に某かの
   めっき加工処理を施す。

などがございます。

しかし鋳肌ですので試作処理は必要になります。
良好に処理が出来ない場合もございます。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。


▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP