めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき加工処理に関するお問合せ

鉄板焼きの板に硬質クロムめっき加工処理をした場合について。

グリドル(鉄板焼き)の鉄板部分(材質SS400)に硬質クロムめっき
加工処理をしたいと考えています。

鉄板の上で直接食材を調理します。

鉄板表面温度は、約200℃~350℃程度での使用になると
思いますが、温度調節器がない為それ以上の温度になる
こともあります。

めっきの厚さ等どのような処理方法が適している
でしょうか。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

硬質クロムめっき加工処理であれば

 20〜30μm厚

で宜しいかと思います。

もし、焦げ付きなどを除去されることも考慮されるの
であれば、40μm厚まで、膜厚を上げても宜しいかと
思います。

もしくは、滑り性を向上させ(焦げ付き除去しやすく
するため)るために、バフ研磨やナシジ処理を併用
するのも宜しいかと思います。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP