めっきQ&A


●P-in処理にて、ギアのかみ合いガタを低減出来るのか?

ギア部をP-in処理を行って、ギアのかみ合いガタを
低減することは可能でしょうか?

材質は鉄系で、現状、硬質クロムめっき処理を
しておりますが、ガタが発生しております。

これが改善出来ないかどうかを考えております。


P-in処理にて低減出来る可能性は高いです。

しかし、

 どの程度の膜厚が必要なのか?
 面粗さはどの程度が妥当なのか?

を検証するための試作めっき(有償)は必要になり
ます。

お手数ではございますが図面をお送りくださいませ。


★P-in処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP