めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき加工処理に関するお問合せ

硬質クロムめっき加工処理の「かじり現象」とは。

御社HPにおきまして、硬質クロムめっき加工処理と
「かじり現象」を起しやすい物として砲金・黄銅が記載
されております。

一方、無給油式の黄銅軸受を製作しているメーカーでは、
軸受の相手材に耐食性の向上対策として硬質クロムメッキ
を推薦しております。

そこでご質問ですが、硬質クロムメッキを施した丸鋼と、
この丸鋼をスライドする黄銅製ベアリングの組合せの場合、
「かじり現象」が起りやすい条件などありましょうか。

素材の比重が関係してくる可能性がございます。
軽いものであれば、硬度が高い方が有利ですし、
重い物であれば硬い=もろいので
その影響が出てくる恐れがございます。
また、湿潤な条件も絡んでくるようでございます。

以上、宜しくお願い申し上げます。

★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP