めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

真鍮製品の穴への無電解ニッケルめっき皮膜の均一性とは。

一般的に無電解ニッケルめっき加工処理、は

 「部品に均一にのせることができる」

と思いますが、真鍮バルブで、Φ1深さ10やΦ3深さ70
などの小さい穴(不貫通)が沢山空いている部品の穴の
奥深くや、ねじの谷までめっきすることができるので
しょうか?

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

図面を拝見させて頂く必要がございますが、無電解
ニッケルめっき処理液に浸漬(処理液に浸かっている)
されていれば、均一に析出します。

しかし、無電解ニッケルめっき処理液中に
 
 1.水素ガスが発生し、穴にその水素ガスが
   溜まってしまう。

が発生いたしますと、均一に処理が出来ない可能性
がございます。

問題は、「不貫通」でございますので、100%内部
まで、無電解ニッケルめっき加工処理が施される
保証をすることは出来ません。

また、素材が真鍮のために、ニッケルストライクなど
の処理を先に行う必要がございます。
これを実施しないと無電解ニッケルめっき加工処理を
することが出来ません。

試作処理を実施し、お客様にてご評価頂くことになり
ます。

★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP