めっきQ&A


無電解ニッケルめっきにおける亜鉛置換の目的は?

無電解ニッケルめっきにおける亜鉛置換を処理する目的は
なんでしょうか?

素材はアルミニウム合金になるのですが、加工業者様
から亜鉛置換処理が必要だとお教え頂きました。

亜鉛置換は、アルミニウムに無電解ニッケルめっき
を処理する場合に実施する前処理工程でございます。

アルミニウムには自然酸化皮膜があり、そのままでは
密着性の良いめっきが得られません。
次工程の水洗工程からめっきの間までに酸化皮膜を生じ
てしまいます。

このため、酸化皮膜を除去すると同時に、新しく露出した
表面に密着性のよい金属皮膜を形成し、再酸化を防ぐために
亜鉛置換処理を行います。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP