めっきQ&A


黒亜鉛めっきの記号とは?

JIS規格では

例 鉄材上への亜鉛めっき後黒色クロメート でしたら

▽EP-Fe/Zn○/CM3

○の部分には亜鉛めっきの膜厚の数字や、
 亜鉛めっき加工の厚みの等級の数字が入ります。

上記になります。

EPが電気めっきを表し、Feが素材の鉄、
Znが亜鉛メッキ加工を表して、CM3が後処理の黒色クロメート
を表しています。

後処理の指定としては・・・

 CM1が光沢クロメート(ユニクロ)
 CM2が有色クロメート(黄色クロメート)
    
上記のようになります。
しかし、一般的には

MFZn-B...鉄上の電気亜鉛めっき(MFZn)後、黒クロメート(B)
と記載いたします。

以上のように、さまざまな表示の仕方が適用しておりますので、
こればかりは実際に処理なされる業者様と、事前に詳しく
打ち合わせなされた方が宜しいかと思われます。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP