めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき加工処理に関するお問合せ

硬質クロムめっき加工処理の耐薬品性について。

質問1
SUS304L,S35C及びS45Cの上に硬質クロムメッキを
0.04mm行ったものに対して硫酸ニッケル20g/l,
硫酸アンモニア20g/lの溶解液(溶解液の温度は30~40℃、
PH5~6)で使う場合の基地材が及ぼす耐蝕性の影響は
どのぐらい差があるのでしょうか?

質問2
S35CやS45Cの場合、上記の溶解液での耐蝕性は問題ない
のでしょうか?

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

まず、今回のお問合せの内容のような
実績が弊社として保有しておりませんので
下記はすべてが推測の域を出ないことをご留意下さい。

> 質問1
> SUS304L,S35C及びS45Cの上に硬質クロムメッキを
> 0.04mm行ったものに対して硫酸ニッケル20g/l, 硫酸
> アンモニア20g/lの溶解液(溶解液の温度は30~40℃、
> PH5~6)で使う場合の基地材が及ぼす耐蝕性の影響は
> どのぐらい差があるのでしょうか?

上記について、まず硫酸による影響ですが
若干PHが酸性側にありますので、厳密には
クロムめっき皮膜は溶解すると思われます。
ただ、膜厚が40μもありますと、実際は
めっき皮膜の溶解はわからないぐらい微量ではないで
しょうか。

次にアンモニアによる影響ですが、
可能性としては6価のクロムが還元され3価になり、
耐食性が減退することが考えられなくもないです。

> 質問2
> S35CやS45Cの場合、上記の溶解液での耐蝕性は問題
> ないのでしょうか?

製品の表面はめっき金属で覆われているとの
前提ですので、表面のクロム金属の問題であり、
素地まで達するピンホールなどがない限りは
素材の影響はないと思われます。

上記の中で、趣旨が違うお返事をしていましたら
ご指摘くださいませ。

★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP