めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

HCRF処理に関するお問合せ

SUS316の塩酸に対する腐食を防止する方法とは。

温度が高く塩酸を充填させるので、本体の材質がSUS316
なのですが、腐食してしまいます。

塩酸濃度は確認できていないのですが、表面処理で腐食を
防げるものはなにかないでしょうか?

現在、試作として無電解ニッケルめっき加工処理を実施
いたしましたが思い通りの結果は出ておりません。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。


★塩酸の処理温度と濃度(pH)、時間が関連してまい
りますが、弊社のめっき処理で申し上げますと

HCRF処理

というものが一番有効でございます。

一度、試作をされることをお奨めいたします。

オリジナル皮膜として名称は弊社固有呼称なのですが、
具体的には、「無電解ニッケル皮膜」になります。
通常よりも「P(リン)」の含有量を上げ、
耐食性を高めたものになります。

ホームページ中の浸漬耐食性試験の相手薬剤は、
硫酸・硝酸の2種類にとどまっておりますが、
実際には塩酸に対しての耐食性の方が良好と捉えております。
もしも可能であればテストピースをお送りして、
実際の塩酸環境にてご評価を頂ければと考えております。

ただ1点、障壁がございまして、
上述の弊社「HCRF処理」の対応できるサイズ上限が、
現時点では300mm角四方までの品物に限られてしまいます。
めっき処理槽や薬品量の問題でございますので、
物理的には設備の増築にて対応は可能なのですが、
費用が別途生じてしまうことと、
拝見した品物のサイズにてすぐに処理対応が出来ない状態
でございます。

▼HCRF処理はこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP