めっきQ&A


リューブライト処理と黒クロメート処理の違いについて

リューブライト処理は、「リン酸マンガン処理」
と申しまして、化成処理になります。

リン酸マンガンの結晶体が析出し、表面にざらつきを
持たせております。

耐食性が高く、絶縁皮膜でございます。

黒クロメート処理は、電気亜鉛めっき後に処理する
黒色クロメートです。

耐食性は高いです。

大きな違いとしては以下のような内容です。

 1.見た目の違い
 2.手触りの違い
 3.目的用途の違い
 4.膜厚の違いと処理方法の違い

リューブライト処理のページはこちらから
亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP