めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき処理のご相談に関するお問合せ

リューブライト加工処理と黒クロメート加工処理の違い。

リューブライト加工処理と黒クロメート加工処理と分けて
めっき加工処理をしてもらっているのですが、それぞれの
比較しての違いを教えていただきたいのです。

色的には、黒色系でございますが、具体的に何が異なる
のかをお教えくださいませ。

以上、宜しくお願い申し上げます。

リューブライト加工処理は、「リン酸マンガン処理」
と申しまして、化成処理になります。

リン酸マンガンの結晶体が析出し、表面にざらつきを
持たせております。

耐食性が高く、絶縁皮膜でございます。

黒クロメート処理は、亜鉛めっき加工処理後に
実施するクロメート処理で、亜鉛めっき加工時に
電気を使用いたします。

こちらも耐食性は高いです。

大きな違いとしては

 1.見た目の違い。
 2.手触りの違い。
 3.目的用途の違い。
 4.膜厚の違いと処理方法の違い。

になります。

御社のご使用環境をお教え頂ければどちらが有効
なのかをお返事することが出来ます。

図面を拝見させて頂ければ詳細のお返事をさせて
頂くことが可能です。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

★リューブライト加工処理のページはこちらから。
★黒亜鉛めっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP