めっきQ&A


梨地(ナシジ)加工処理の違い等について。

梨地(ナシジ)加工処理について ドライとウェットがある
とのこと。
ドライは、砂などを吹き付けるのでしょうか?
ウェットはどのように処理するのでしょうか?
また、面粗度はどの程度の範囲で指定可能なので
しょうか?

梨地(ナシジ)加工処理した面に蓚酸アルマイト+蒸気封孔は
可能でしょうか?
梨地(ナシジ)加工処理はマスキング可能でしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

>梨地(ナシジ)加工処理について ドライとウェットがあると
> のこと。
> ドライは、砂などを吹き付けるのでしょうか?

★ガラスや鉄の細かい微粒子と空気と混合して製品に
吹き付けます。

> ウェットはどのように処理するのでしょうか?

★空気ではなく、水との混合でございます。

> また、面粗度はどの程度の範囲で指定可能なので
> しょうか?

★素材の状態によりますが(大きさも)基本的に
可能です。

> 梨地(ナシジ)加工処理した面に蓚酸アルマイト+蒸気封孔は
> 可能でしょうか?

★誠に残念ながら弊社はでは「硫酸アルマイト」しか
処理することが出来ません。
また、封孔処理も専用の薬剤を使用して処理いたします。

しかし、蓚酸アルマイト加工処理を出来る業者様
そして蒸気封孔処理が出来る業者であれば、対応
可能でございます。

> 梨地(ナシジ)加工処理はマスキング可能でしょうか?

★部分にもよりますが基本的には可能でございます。

★梨地(ナシジ)加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP