めっきQ&A


無電解ニッケルめっきの皮膜均一性について

HP・カタログ等では、皮膜均一性があるといわれている
が、処理部品を組立てると、挿入出来ない等の問題有り。

無電解ニッケルめっき処理に不向きの形状を(カタログ
には出ていない。) 教示願いたい。

各部品について切断してSEMで見る方法もと考えています。
(基礎知識がしりたい)宜しくお願い致します。

不向きな形状とすれば

 1.めっき時のガス離れが悪い形状
   (黒く変色したりします)
  小さな孔が無数に開いていたりする場合やボックス
  などのような形状。

 2.材質的がダイキャスト系の場合
  特別な前処理が必要な材質の場合には
  均一に析出しないケースがございます。

などがございますが、メールの内容からですとめっき
が厚くついているような内容ですので1.は関連しない
可能性がございます。

図面を拝見させてください。
何かのお手伝いが出来るかもしれません。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP