めっきQ&A


硬質クロムめっき後のピンホール発生原因は?

素材以外の要因ですと、めっき浴とめっき手法と
膜厚に関連します。

1.浴中の硫酸の濃度が高い
  均一電着性が悪くなりピンホールが大きくなります。

2.浴中の不純物の製品表面への付着
  ろ過等にて不純物を除去するか不純物が処理液に
  入らないようにします。

3.めっき浴の温度が低い
  めっき浴の温度が低い場合には発生する傾向にあります。

4.素材からのピンホールを引き継いでいる
  素材のピンホールを無くす為に梨地処理を行います。

上記は、あくまでも一例ですので、もし改善が必要あれば
ご相談くださいませ。

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP