めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき加工処理に関するお問合せ

硬質クロムめっき加工処理のピンホールの発生要因とは。

空油圧シリンダーの内面にホーニング加工の後に
硬質クロムメッキ加工処理を施していますが、ピンホール
の発生要因についてご教示ください。 

尚、素地のピンホールが一つの要因であることは知って
いるのですが、他の要因についてお教えくださいませ。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

素材以外の要因ですと、めっき浴に関連があると思われます。
調べましたところ

・浴中の硫酸の濃度が高い
 均一電着性が悪くなりピンホールが大きくなると
 いわれます。

・浴中の不純物の製品表面への付着
 ろ過等にて対処致します。

めっき浴自体は、処理する業者様によって異なります
ので、濃度やめっき浴の種類、めっき処理方法が関連
してきます。

実際に処理されている企業様の見解が最も信憑性がある
と思われます。

★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP