めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき処理のご相談に関するお問合せ

★めっき処理のそれぞれの特性について。

御社のメッキ技術の中で、テフロン無電解ニッケルめっき処理、
P-in処理、B-in処理について教えてください。

①防錆度合いについて
上記メッキ3種類に、硬質クロムめっき処理、無電解ニッケル
めっき処理を含めた、計5種類のめっきの防錆の優位順を教え
てください。
(めっき厚は御社で行われる通常の厚みでかまいませんので、
めっき厚を含めて教えてください)

②コスト


どのような環境の元でご使用になられるか?
によって異なります。

1.耐食性について【防錆】
  5種類のめっきは、ご使用になられます環境によって
  耐食性が変化してまいります。
  例えば、水分があるような環境下ですと「テフロン系
  のめっき」が優位です。

  あくまでも皮膜特性で順番をつけるとすれば
  ① P-in処理
  ② 硬質クロムめっき処理
  ③ B-in処理
  ④ テフロン無電解めっき処理
  ⑤ 無電解ニッケルめっき処理

  になります。膜厚は、10μmの場合です。
  しかし、上記の順番でもそれほど耐食性の違いはござ
いません。
  重要なのはご使用の環境下では何が優位になるかと
  いうことになります。

2.コスト
  ① B-in処理
  ② P-in処理
  ③ テフロン無電解めっき加工処理
  ④ 硬質クロム、無電解ニッケルめっき加工処理

単体の皮膜処理ではなく、いろんなパターンのめっきを
組み合わせることにより耐食性を向上させることも
出来ます。

例えば、
1.無電解ニッケル(5μm)→P-in処理(5μm)
2.無電解ニッケル(5μm)→硬質クロムめっき

上記のような感じです。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP