めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき処理のご相談に関するお問合せ

めっき処理のそれぞれの特性について。

御社のメッキ技術の中で、テフロン無電解ニッケルメッキ、
P-in処理、B-in処理について教えてください。

①防錆度合いについて
上記メッキ3種類に、硬質クロムメッキ、無電解ニッケル
メッキを含めた、計5種類のメッキの防錆の優位順を教え
てください。
(メッキ厚は御社で行われる通常の厚みでかまいませんので、メッキ厚を含めて教えてください)

②コスト

以上、宜しくお願い申し上げます。

ご質問の件についてお返事いたします。

1.耐食性について【防錆】
  5種類のめっきは、ご使用になられます環境によって
  耐食性が変化してまいります。
  例えば、水分があるような環境下ですと「テフロン系
  のめっき」が優位です。

  あくまでも皮膜特性で順番をつけるとすれば
  ① P-in処理
  ② 硬質クロムめっき加工処理
  ③ B-in処理
  ④ テフロン無電解めっき加工処理
  ⑤ 無電解ニッケルめっき加工処理

  になります。膜厚は、10μmの場合です。
  しかし、上記の順番でもそれほど耐食性の違いはござ
いません。
  重要なのはご使用の環境下では何が優位になるかと
  いうことになります。

2.コスト
  ① B-in処理
  ② P-in処理
  ③ テフロン無電解めっき加工処理
  ④ 硬質クロム、無電解ニッケルめっき加工処理

単体の皮膜処理ではなく、いろんなパターンのめっきを
組み合わせることにより耐食性を向上させることも
出来ます。

例えば、
1.無電解ニッケル(5μm)→P-in処理(5μm)
2.無電解ニッケル(5μm)→硬質クロムめっき

上記のような感じです。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP