めっきQ&A


無電解ニッケルめっきの溶接した箇所の耐食性は?

無電解ニッケルめっきした製品を溶接する必要があります。

熱がかかった箇所の耐食性はどうなるのでしょう?
また剥離などの不具合はありますか?

無電解ニッケルめっきの耐食性を向上させる方法と
して、150〜200℃で熱処理する方法がございます。
(焼結合金などにはとくに有効である。熱処理温度
をこれ以上高くすると、結晶化によって耐食性が悪くなる)

無電解ニッケルめっきは400℃くらいで結晶構造が
変わりますので、硬度と同じ様に、その影響があるもの
と考えられます。

ある文献では、400℃の熱処理により無電解ニッケル
皮膜にクラック(亀裂)が入るとのことです。

実際に熱処理と耐食性のデータはありませんが、
クラックから腐食が起きることは十分に予想されます。

また、剥離に関しましては、前処理が適切に施されてい
ましたら、問題無いとは思われますが、 溶接後に例えば
荷重が加わったりすると、前述のクラックの影響がある
ことも考えられます。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP