めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

ニッケルめっき処理に関するお問合せ

★真鍮にニッケルめっき処理をする場合の注意点とは。

真鍮にニッケルめっき処理されている部材を利用
しております。

真鍮にニッケルめっき処理をする場合に製造工程で
注意する点について教えてください。

また、めっき厚の均一性をと膜厚精度を確認する手段は
どのようなことをするものなのか教えてください。

弊社はめっき業者ですので、めっき処理に関して
ということになりますが、

・取扱い(柔らかいため、キズ等がつきやすいです)
・脱脂(めっきの前処理でございます。不純物が表面に
    残留しているとめっきがつかなかったり、密着
    不良ではがれたりします)
・冶具止め(真鍮が非磁性ですので、タンク内に落下する
      と磁石等では回収できないためです)
・通電(電気ニッケルの場合、通電が不良ですと剥離や
    溶解が起きます)
・めっき剥離(合金ですので、剥離の際は素地の荒れや
       溶解の危険が高いです)

上記のようなお返事となりますが、
その他ご不明な点はお申し付け下さいませ。

> ・メッキ厚の均一性をと膜圧精度を確認する手段は
> どのようなことをするものなのか教えてください。

基本的には、

・めっき前後の寸法を測定する(マイクロメータ等で)
・蛍光Ⅹ線分析装置で測定する(前者に比べると精度は
 よくないです)

上記のような方法で膜厚を検証しております。
ただ、電気めっきに関しては、均一電着性自体が
あまり期待できません。精度を要するものであれば
無電解ニッケルめっき処理のほうが有効です。


★ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP