めっきQ&A


硫酸アルマイト処理とシュウ酸アルマイト処理のクラックについて

硬質アルマイト処理後に封孔処理をしますとクラックは生じます。
これは、封孔処理の温度が、一般的に100℃近くに
なるためでございます。

自然封孔というものもございまして、経時変化にて
クラックが生じる場合もございます。

硫酸アルマイト処理とシュウ酸アルマイト処理と比較しますと、
クラックはシュウ酸アルマイト処理の方が少なくなります。

クラックは素材まで達する場合もあり、硬質アルマイト処理でも、
一般的な硫酸浴を使用した処理液の場合の方が発生しやすく
シュウ酸を使用した処理液の場合には発生しにくくなります。

クラックが発生するのは、硬質アルマイト処理後に封孔処理の熱温度の
熱膨張の関係です。

クラックが生じることで耐食性が、硫酸浴よりもシュウ酸浴の
方が高くなります。

クラックを少なくする方法として、低い温度で乾燥したり、
封孔処理の温度を下げる場合もあるようですが、一般的
ではございません。

アルマイトのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP