めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき加工処理に関するお問合せ

硬質クロムメッキ皮膜は400℃以上熱を加えてはいけないのでしょうか?

硬質クロムメッキ加工処理したNAK55材の一部に別の
コーティングを処理する為、その部分のみブラストを
してメッキを剥がしコーティングを塗布後430℃まで熱を
加えた所その他の部分の硬質クロムメッキ層がすべて
取れてしまいました。

硬質クロムメッキ皮膜は400℃以上熱を加えてはいけない
のでしょうか?

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

メールにて内容を拝見させて頂く限りは、

 熱による影響ではないように思えます。

ブラストをすることにより、硬質クロムが残っている
部分との段差が発生したと思います。

その段差は厳密には「隙間」となり、熱処理の影響にて
素材が歪み剥離したように思えます。

また、隙間から熱風(?)等が硬質クロムと製品の隙間に
入りこんでしまったために剥離した可能性もございます。

硬質クロムが完全に覆われている場合には、400℃以上で
も剥離する危険性は少ないです。
(素材が歪む場合には別として)

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP