めっきQ&A


電解並びに無電解めっき処理の膜厚バラツキはどの程度でしょうか?

電解並びに無電解めっき処理の膜厚バラツキは
どの程度でしょうか?

ニッケル系のめっき加工処理を施したいのですが、
それぞの特性というか、皮膜の均一性がバラツキが
気になっております。

御社のホームページを拝見し、何かお解りのことが
ございましたらお教え頂ければ幸いです。

1.電気ニッケルめっき処理(10μm:めっき厚)
形状にもよりますが、大きな鉄板等ですと、中心部を
最低10μm厚のめっきを処理した場合、角面には、
 20μm厚以上のめっきがついてしまいます。
均一にめっきを処理する場合には、専用の治具を作成
 する必要がございます。

2.無電解ニッケルめっき処理
めっきの液が浸漬する部分であれば均一にめっきをする
ことが可能です。
めっき厚にバラツキがでないのは20μm厚程度となります。
それ以上になりますと、バラツキが少しずつ発生します。
また、穴等で表面張力が発生し、めっき液が浸漬できない
 部分ですとめっき厚は、均一に析出しなかったりしますの
 でご注意ください。

★ニッケルめっき処理のページはこちらから。
★無電解ニッケルめっき処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP