めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

無電解ニッケルメッキ加工処理のふくれについて。

電気ニッケルメッキ加工処理を行ったうえに活性処理を
行い無電解ニッケルメッキ加工処理を行っているのですが、
ごくまれにメッキ部がふくれ、密着不良が生じます。

原因をいろいろと考えているのですが、特定できず、
無電解中でメッキが成長するとき内部応力の関係で
ニッケル部がそりやすくなり、剥離し、ふくれという
現象が起こるのでしょうか。

このことを防ぐ手立てはあるのでしょうか。

電気ニッケルめっき加工処理から無電解ニッケルめっき加工処理
へと移行するときに「酸化皮膜」が形成されてしまっているのだと
思います。

単純な工程の問題であり、密着不良の問題です。
工程の見直しで、発生しなくなります。

まずは、この酸化皮膜を無電解ニッケルめっき前に
薬品または電解的に除去し、めっき処理を行えば
問題なく密着性を確保出来ます。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

★ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP