めっきQ&A


浸炭焼入れを施した場合に黒染メッキが出来ない原因は?

M2×3.5の快削鋼のイモネジに、浸炭焼入れを施した後、
黒染メッキをします。

以前は、熱処理と黒染メッキを同じ会社でしてもらって
いましたが、その熱処理会社が、浸炭焼入れを止めてしま
いました。

新しい熱処理会社では、黒染メッキが出来ません。
熱処理後の黒染メッキが出来ずに困っています。


浸炭焼入れすることにより、素材の表面に強固な酸化皮膜が
生成されたのと同時に、素材内部まで焼入れ層が入ってしまった
為です。

この焼入れ層を剥離させる必要がありますので、弊社の場合には
梨地処理後に黒染メッキをします。

黒染メッキのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP