めっきQ&A


★ADC12にアルマイト処理を行うと白い斑点が出る。

ADC12にアルマイト処理を10μm厚を施したものにて
複合腐食試験を実施したところ、アルマイト処理表面に
白錆とφ1mmほどの白い斑点状の噴出が点在しました。

酸化処理膜層は複合腐食試験で腐食するのでしょうか?
また、皮膜を厚くすれば対策ができるでしょうか?

他社様になりますが、ADC12をアルマイト処理をするのは
初めてのことでして、斑点の原因が明確に判断することが
出来ていません。

考えられる状況として・・・

素材がADCという事でございますので、試験前のテストピースの段階で、
アルマイト皮膜が生成されていない箇所が点在していた箇所がφ1mm程度
の斑点となって現れている可能性がございます。

腐食試験前の状態では、外観上も膜厚も問題なく生成している状態でした
でしょうか?

また、画像がございましたらお送り頂ければ幸いでございます。

一度弊社に製品をお送りください。
確認させて頂きます。

★アルマイト処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP