めっきQ&A


硬質アルマイト処理とアルマイト処理の硬度の違い。

硬質アルマイト処理はアルマイト処理に対して膜厚が厚いと
思うのですが、皮膜の組成や製造方法にも違いがあるのでしょうか?

また、硬度についてですが、単に厚いから、硬質アルマイト
処理の方が硬度が高いということなのでしょうか?

現在、硬度が必要なアルミニウム素材がございまして
アルマイト処理と硬質アルマイト処理とどちらが良いか悩んで
いる状態でございます。

アルマイト処理の製造方法に違いがあります。
処理液は同じなのですが

 1.処理温度が硬質アルマイト処理の方が低く処理する。
 2.電流密度が異なる。
 3.処理時間が異なる

などがございます。

上記のような条件で処理に違いを出します。
析出させる被膜組成に違いはございませんが
被膜形成が異なりますので硬度に違いが出てまいります。

硬質アルマイト処理の皮膜構成が「緻密」になります。

また、厚みによっての硬度違いも一つの要因として
関連しております。

★硬質アルマイト処理のページはこちらから。
★アルマイト処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP