めっきQ&A


銅材にニッケルめっき後、皮膜が剥離する原因は?

銅材にニッケルめっきを行っているのですがテープによる
剥がし試験をすると、表面のニッケル皮膜が部分的に箔の
状態で剥れます。

下地の銅材は確認できません。
二重めっきでもありません。

このような剥れはどのような条件の時に発生するので
しょうか。


テープ試験にて皮膜が容易に取れてしまうということは
全く密着性を確保出来ておりません。

1.前処理工程の問題
  脱脂不良(液のバランスが悪い)酸洗いの酸の劣化など
  めっき処理液の問題
3.めっき工程の問題
  塩酸ニッケルストライクの時間が短い、もしくは、
  その液のバランスが崩れている。
  ニッケルめっき時の攪拌の問題
  電流密度の問題
3.各工程の水洗不良径の問題

もし可能であれば弊社に不良品をお送りくださいませ。
原因を特定させて頂きます。

ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP