めっきQ&A


硬質アルマイトで反りは発生しやすいですか?

硬質アルマイトやアルマイトでも処理をする場合には
処理液の中で攪拌いたします。

治具のセッティングが一箇所などの場合には、攪拌の影響
で反りが発生する可能性が高いです。

セッティングを2箇所程度で実施し、攪拌の影響を受けない
ように処理すれば反りは軽減できると思います。

硬質アルマイトだから、普通のアルマイトだからということは
弊社ではございません。

あくまでも、製品の形状、板厚や大きさによる要因により反りの
発生が決まります。

基本的には、薄い板厚の場合には、発生しやすいです。

硬質アルマイト処理のページはこちらから
アルマイトのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP