めっきQ&A

  • google
  • シェア

よくあるご質問を投稿

アルマイト加工処理に関するお問合せ

アルミ鋳物へアルマイト処理を実施し、潤滑性の油を使用した場合。

アルミニウム鋳物へ白アルマイト加工処理を実施し、潤滑性の油
を使用してます。

潤滑性の油は、有機溶剤にて除去するのですが、除去後
軍手で触りますと「潤滑性の油の黄色の色」が付着
します。

原因はなんでしょうか?

この黄色の色が潤滑性に影響することはありますでしょうか?

他社にて処理したもので大変申し訳ございませんが
お教えくださいませ。

アルマイト加工処理を行いますと「ポア(孔)」が
発生します。
そのポアを閉じるために、「封孔処理(ふうこうしょり)
を実施するのですが、材質がアルミ鋳物でございます
ので、このポアが均一ではなく、封孔処理が完全に
出来ない場合がございます。

ポアには、マジックインキなどが染み込みやすい
状況にありますので、潤滑性の油がポアの中にしみこん
でしまったのだと思います。

超音波洗浄などで除去出来るかどうかの試作は必要だと
思いますが、基本的には、再アルマイト加工処理を実施
することになると思います。

アルマイト加工処理全般に言えることなのですが、
封孔処理しましても、染料のようなものは内部に染みこ
んでしまいますので、取り扱いに注意が必要です。

潤滑性に問題があるかどうかは試作処理にてご判断
頂くことになります。

★アルマイト加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP