めっきQ&A


●アルミダイカストにアロジン処理すると問題が発生する。

アルミダイカスト品にアロジン#1200を処理すると、
素地の湯模様や湯じわが処理前と比較すると目立ってしま
います。

何となくは説明付くのですが、明確な解答があるならば
お願いします。

素材自体がアルミダイカストのために「巣」が目視で判断出来ない
レベルで存在すると思います。

この「巣穴」が一番影響していると思います。

巣穴にアロジン処理した処理液等(前処理も含め)が
残留し、湯洗等を行うとその処理液が内部から染み出し
表面に模様や湯じわが発生していると考えられます。

また、処理前にエッチングという表面活性も実施します
のでこの活性化の影響で素材が若干艶消しや模様が出る
可能性がございます。

エッチングにより、目に見えない「巣穴」が広がった
可能性もございます。

対策方法は色々がございますが、御社に見合った
対策を講じるために「試作処理(有償)」にて
条件を見つけ出す必要があります。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP