めっきQ&A


★めっき処理の英語表記の内容について。

次の内容を教えていただけませんでしょうか。

① mechanical zinc plated blue and white passivated

② mechanical zinc plated yellow passivated

上述の表面処理できますでしょうか。

また、メカニカルプレーテングとは同じ表面処理ですか。
表面処理対象:皿ばね座金M10、M12

> ① mechanical zinc plated blue and white passivated
> ② mechanical zinc plated yellow passivated
> 上述の表面処理できますでしょうか。

①と②を直訳して解釈致しますと、

・バレル亜鉛めっき-光沢クロメート
・バレル亜鉛めっき-有色クロメート

というように読むことができます。
(憶測の域を出ません旨についてはご了承下さいませ)

上記の認識であれば、社内で処理可能でございます。
ただし、弊社の処理ラインですと6価クロムを使用する
タイプのめっき処理となりますので、3価クロムタイプ
が必須の場合には現時点では取り扱えない処理となります。

> また、メカニカルプレーテングとは同じ表面処理ですか。
> 表面処理対象:皿ばね座金M10、M12

メカニカルプレーティング=バレルめっき法であると考え
ます。
商品が、皿ばね座金という小径のものでございますので、
大量に処理する際にはラックめっき法よりもバレルめっき
の方が効率が良いというご判断でご指示かと思われます。

以上、お返事になっていないやもしれないのですが
宜しくご検討のほどお願い申し上げます。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP