めっきQ&A


焼き入れ品への硬質クロムめっきについて

素材SKD11(DC53又はSLD8)に焼き入れ
した刃物に硬質クロムめっきをしていますが
めっき業者さんから酸化膜がついてきれいにめっきが
つかないのでピカピカに磨いてから持って来てと言われ
ます。

金属ブラシ等でかなり磨いて行くのですが、もっと
きれいに磨いてと返されます。

以前は焼き入れ後そのまま、めっきに出していましたし
焼き色がひどい場合にはショットブラストしてから
めっきに出していたと聞いています。

ここ何年かはショットしたらめっきが出来ない、とにかく
きれいに磨いてほしいと言われ困っています。

焼き入れ品の場合めっきをつけてもらうのにそんなに
磨いていかなければいけないのでしょうか?

弊社にて、焼き入れ品に硬質クロムめっきを実施する
場合には、以下のとおりになります。
 
梨地処理→バフ研磨→硬質クロムめっき→バフ仕上げ

誠に残念ながら御社による磨き作業はあまり効果が
ございません。

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP