めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき加工処理に関するお問合せ

焼き入れ品への硬質クロムめっき加工処理について。

素材SKD11(DC53又はSLD8)に焼き入れ
した刃物に硬質クロムめっき加工処理をしていますが
めっき業者さんから酸化膜がついてきれいにめっきが
つかないのでピカピカに磨いてから持って来てと言われ
ます。

金属ブラシ等でかなり磨いて行くのですが、もっと
きれいに磨いてと返されます。

以前は焼き入れ後そのままめっきに出していましたし
焼き色がひどい場合にはショットブラストしてから
めっきに出していたと聞いています。

ここ何年かはショットしたらめっきが出来ない、とにかく
きれいに磨いてほしいと言われ困っています。

焼き入れ品の場合めっきをつけてもらうのにそんなに
磨いていかなければいけないのでしょうか?

弊社にて、焼き入れ品に硬質クロムめっき加工処理
を実施する場合には、以下のとおりになります。

 
ショットブラスト→バフ研磨→硬質クロム→バフ仕上げ


という処理になります。
めっき業者様によって処理の方法が異なりますので現在の
処理が適切かどうかは、弊社でも試作をしてみないと
お返事がしにくいところでございます。

しかし、綺麗に磨いたことにより、硬質クロムめっき
加工処理の付きやすさにはあまり影響はいたしません。

現在のめっき業者様自体に、バフ研磨やナシジ処理
の設備を保有していない可能性が高いです。

★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP