めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき処理に関するお問合せ

▼硬質クロムめっき処理を無電解ニッケルめっき処理に変更したい。

現在、硬質クロムめっき処理している製品がございます。
今回、無電解ニッケルめっき処理に変更しようと
検討していますが、

①コストで低減なるでしょうか?
②耐食性は満足するでしょうか?
③硬度の面ではどちらが有効でしょうか?
④その他の違いはどのようなものになりますでしょうか?

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

素材やご使用の環境、形状にもよりますが、一般的
には、無電解ニッケルめっき処理の方がコストは
高くなります。

耐食性に関しましては、ご使用環境が酸性でなければ
硬質クロムめっき処理の方が高くなります。

ただし、めっきの膜厚にも依存しますので一概には
言えません。

硬度の面では、無電解ニッケルめっき処理後に
熱処理をすれば、硬質クロムめっき処理と同等
の硬度になります。

無電解ニッケルめっき処理の方が皮膜均一性
がございます。

▼無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
★硬質クロムめっき処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP