めっきQ&A


アルミニウムへの無電解ニッケルめっきが黒く変色し剥離する原因は?

アルミニウムへ無電解ニッケルめっきを10〜20μm厚にて
処理をしておりますが、2ヶ月程度で黒く変色いたします。

また、剥離している部分もございます。

原因としてどのようなことが考えられますでしょうか?

黒く変色するのは、2ヶ月間の保管方法にも問題が
あるかもしれませんので、詳細の保管方法をお教え
ください。

下記はメールの内容から考えられる原因です。

【黒色に変化した原因】
考えられるのは、無電解ニッケルめっきの処理液の劣化
及びバランスが崩れているため、良好な無電解ニッケル
皮膜が析出されていないことが考えられます。

対策としては、上記の管理をQC工程などで業者に管理を
依頼し定期的に御社に報告してもらうことと、めっき液
の管理をしてもらうことになります。

【剥離している原因】
完全な密着不良でございます。
めっき前処理が悪いと考えられます。

全体的にアルミに対しての無電解ニッケルめっきの処理
が得意な業者様が処理していないと考えられます。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP