めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

無電解ニッケルめっき加工処理の図面表示記号とは。

無電解ニッケルめっき加工処理の現在のJIS規格による
図面表示記号を教えてくださいませ。

また、無電解ニッケルめっき加工処理の特性が一番
でてくる一般的な膜厚を教えてください。

現在、図面を作成しておりまして無電解ニッケルめっき加工処理
の指示をどのように記載するか迷っております。

以上、宜しくお願い申し上げます。

図面表示記号について

 ELP-Fe/Ni(90)-P[5]

上記は、JIS H8645に従った場合です。

ELP:無電解ニッケルめっきを表します。
Fe:素地の種類です。この場合は鉄です。
Ni(90):めっきの組成(ニッケル90%)を表します。
P:めっきの組成(リン)を表します。
[5]:めっきの等級5級です。(20μが最小膜厚です)

一般的には、JISを使用するケースは少ないようです。

 ELP-Fe/Ni-P 20μ

上記のようにすることが多いようです。
最後の「20」は、めっき厚を表します。

また、一般的な膜厚でございますが、お客様のご使用
用途にも関連しますが

 3〜20μm厚程度

が一般的でございます。

20μm厚が皮膜としては、無電解ニッケルめっき加工処理の
特性が活かされる膜厚となります。

★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP