めっきQ&A


無電解ニッケルめっきの磁化について

無電解ニッケルめっきの場合、熱処理により磁化するとされていますが、
どの程度の磁化なのでしょう?
(表面に砂鉄が着く、一寸釘が着く程度?)

また、熱処理とはどういうことですか?

何故、無電解ニッケルめっき後に熱処理を実施するのでしょうか?


熱処理による磁化とは、そのものが磁石の働きをする
という意味合いではございません。
磁石に反応しなかったものが反応するようになるという
意味合いでございます。

皮膜自体が磁性になりますので、素材が鉄材などで
あった場合には、磁石に反応してしまいます。

熱処理は、硬度を上げるためや、水素脆性を除去する
目的でめっき後に高温で行なう処理のことです。

何故、磁化するのかというと、無電解ニッケルめっきのリン含有率
に関係します。
リンの含有率が高い程、熱処理により結晶化しますので強磁性に
変化します。

リンが多く共析することにより、皮膜構造が結晶構造から
非晶質・非磁性となりますが、 熱処理により皮膜構造が
結晶性になると、磁性を帯びると考えられます。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP