めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき仕様に関する質問に関するお問合せ

Ni(ニッケル)リッチ層について。

PCB基板の銅の上に 無電解ニッケルメッキおよび 
金メッキをして半田付けをしてますが、そのときの銅と
ニッケル間にあるニッケルリッチ層がリフロー半田付け
の熱等でどんな変化が起こりますか。

ニッケル層の割れ 胴とのはがれ等は、起こりませんか。

ニッケルリッチ層について調べましたが関連する
データはございませんでした。

参考までに今まで分かっているのは次の通りです。

プリント基板の銅パターンに無電解ニッケル/金めっき
するときの金めっきは「置換金めっき」です。

この金めっきが析出するときは、下地である

 ニッケル-リン層

のニッケルと置換し て析出します。

つまり、ニッケルを溶かしながら、金が析出します。
すると、ニッケル-リン層からニッケルが少なくなり、
リンリッチ層となります。

このリンリッチ層が半田接合に対して、接合強度を低下
させる等の悪影響を与えることが分かっています。

また、金が置換する場合、金めっき液と無電解ニッケル
めっき液の種類によっては、無電解ニッケルめっきの粒子
と粒子の隙間=粒界を侵食していくケースがあります 。
(粒界腐食と呼んでいます)

粒界腐食も半田接合強度に悪影響を与えると言われて
います。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP